※一部プロモーションを含みます

転職 転職に役立つノウハウ

前職に転職先を知られたくない場合は退職までの期間、転職先を伏せておくのが一般的

前職に転職先を知られたくない場合は退職までの期間、転職先を伏せておくのが一般的

あなた

前職に転職先を知られたくない場合はどうしたらいいのかな......

 

転職するにあたって前職に転職先がバレるのはイヤですよね。

 

優介

筆者も転職するたびに前職に転職先を知られなくないなと思っていました......

本記事では、前職に転職先を知られたくない場合、退職までの期間や転職先を伏せておくのが一般的な理由と対処法についても解説します。

前職に転職先を知られたくない人は、ぜひ参考にして転職活動してみてください。

この記事のまとめ

  • 前職に転職先を知られたくない場合は退職までの期間、転職先を伏せておくのが一般的
  • 転職をバレずに成功させる6つの方法がある
  • 社会保険(雇用保険)から前職に転職先は知られないが逆はある

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

前職に転職先を知られたくない場合は退職までの期間、転職先を伏せておくのが一般的

前職に転職先を知られたくない場合は退職までの期間、転職先を伏せておくのが一般的

前職に転職先を知られたくない場合、退職までは転職先を伏せておくのが一般的です。

転職先が現職場に知られると、人間関係の悪化や転職活動の妨害が生じるケースがあります。転職先を知られた場合、以下のようなリスクが生じるでしょう。

  • 引き止めにあう
  • 転職先の悪い部分を伝えられ不安を煽られる

上記のように転職する際、必要以上に不安を煽られるリスクがあります。転職活動中は、転職先が決まっても退職が正式に公表されるまでは新しい職場について伏せておきましょう。

信頼できる転職エージェントや信頼できる人にだけ転職活動について話し、情報管理を徹底するのが重要です。

転職をバレずに成功させる6つの方法

転職をバレずに成功させる6つの方法

転職をバレずに成功させる6つの方法は、以下のとおりです。

  • 応募先からの電話は人目のつかない場所でする
  • 現職の同僚と上司に相談しない
  • 現職の仕事は手を抜かずにする
  • 職場で転職情報を調べない
  • SNSで転職の書き込みをしない
  • 応募する業界に強い転職エージェントに相談する

詳しく解説します。

応募先からの電話は人目のつかない場所でする

転職活動中の電話は、他人に聞かれない場所で受けるべきです。これにより、職場での不要なトラブルを避けられます。転職活動が現職場に知られると、次のように職場の雰囲気が悪化する可能性があります。

  • 不快に思われ嫌がらせをされる
  • 不必要な圧力をかけられる
  • 孤立して精神的にきつくなる

上記のようなトラブルにあわないためにも、仕事中は通知音をオフにしておき、応募先からの電話は必ず人目のつかない場所で対応してみてください。

現職の同僚と上司に相談しない

転職を考えている際には、現職の同僚や上司にその情報を伝えないほうが無難でしょう。転職の意向を現職場に話してしまうと、情報が広まってしまい職場内での人間関係が悪化するリスクがあります。

そのため、転職が内定するまでは極秘に活動し、退職が決まってから上司に報告してみてください。また、転職活動を進める際は以下の対策をおすすめします。

  • 転職に関する情報は信頼できる転職エージェントや信頼できる家族のみに共有する
  • 転職活動に関するすべての通信は個人のデバイスを使い、職場の設備を使用しない

転職活動は個人的な問題なので、第三者に相談する必要はありません。

現職の仕事は手を抜かずにする

転職を考えているときでも現在の職場での責任を果たし、仕事に手を抜かないようにしましょう。もし仕事をさぼったり手を抜いたりすると、同僚や上司に不信感を持たれ、転職活動がバレるかもしれません。

転職活動している間も、以下のことに気をつけてください。

  • すべての仕事を期限までにきちんと完成させる
  • いつも通りに仕事をして転職活動しているのを感じさせない
  • 転職活動にかける時間は仕事が終わった後や休日を使う

これらのポイントを守れば現職での責任を果たしつつ、効果的に転職活動ができます。

職場で転職情報を調べない

転職活動は自分のスマートフォンやパソコンを使って、職場以外でおこないましょう。

職場のコンピュータで転職サイトを見てしまうと、IT部門に履歴が見られる可能性があり、あなたが転職活動しているのがバレるかもしれません。

そのため、転職関連の活動は自分のスマートフォンや家のパソコンを利用して、職場ではなく、家やカフェなどプライベートな空間で転職情報を検索しましょう。

これらの方法で転職活動が周りにバレることなく、安心して情報収集ができます。

SNSで転職の書き込みをしない

SNSはたくさんの人が見られるので、転職活動中にSNSで転職について、投稿しないと転職バレが防げます。

もし、SNS経由で職場の人が見てしまったら、転職活動がバレてしまい職場での立場が悪くなるかもしれません。

また、会社が従業員のSNSをチェックしているケースもあるため、余計なトラブルを避けるためにもSNSでの転職に関する情報公開は控えましょう。

応募する業界に強い転職エージェントに相談する

転職する際は専門知識を持つ転職エージェントの力を借りるのが効果的です。業界専門の転職エージェントは、業界の仕事や会社の経営事情について多くのノウハウとデータを保有しています。

そのため、転職エージェントを利用すると、自分で探す場合と比べ普通では見つからない優良な求人も見つかりやすく、あなたの転職を手助けしてくれるでしょう。

このように転職活動をバレずに成功させるためには、応募する業界に強い転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。有名な転職エージェントだとリクルートエージェントがあります。

社会保険(雇用保険)から前職に転職先は知られないが逆はある

社会保険(雇用保険)から前職に転職先は知られないが逆はある

社会保険(雇用保険)から前職に転職先はバレませんが逆はあります。具体的には、次の3つからわかります。

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 年金手帳
  3. 社会保険(雇用保険)

それぞれ見てみましょう。

①雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証とは、働いている人がもらう「保険の証明書」です。

転職するときに、雇用保険被保険者証を新しい職場に提出しますが、前の職場の情報が書かれているため、新しい職場の人に前職場の雇用状況は基本的にわかります。

とはいえ、雇用保険被保険者証から前の職場の人や転職先の人に対してバレる可能性は低いようです。

②年金手帳

年金手帳は、あなたの働いた履歴や年金に関する情報が書かれている大切な手帳です。具体的には、以下のような内容が記載されています。

  • 基礎年金番号
  • 国民年金の種別
  • 厚生年金保険の加入
  • 脱退記録

参考:基礎年金番号・基礎年金番号通知書・年金手帳について|日本年金機構

上記の項目をもとに前職の在職期間と厚生年金の加入期間を照らしあわせれば、正確な在職期間がわかります。

そのため、前職の人に転職先はバレませんが、転職先の人に前職の在籍期間は知られるので、あらかじめ在籍期間の虚偽はせずに入社前に伝えておきましょう。

③社会保険(雇用保険)

社会保険は働いている人が加入する保険の一種で、転職するときに新しい会社で手続きがおこなわれます。

そのため、前職の人にわかるケースは少ないですが、転職先の人は前職についての在籍期間や年収などはわかるので注意が必要です。

転職先を同僚や上司に言わなくても法律的に問題ない

転職先を同僚や上司に言わなくても法律的に問題ない

法律的に従業員は、転職先を同僚や上司に伝える義務がありません。そのため、転職先を教えるかどうかは自分の気持ち次第になってきます。転職先を同僚や上司に言わなくても、法律的に問題はないです。

ただし、就業規則によっては、転職を報告する義務が定められている場合があります。円満に退職するためにも早めに退職の意思を伝え、引き継ぎをしっかりするのが大切でしょう。

転職先についてしつこく聞かれるときの対処方法について

転職先についてしつこく聞かれるときの対処方法について

転職先について聞かれた場合、法律的にはその情報を共有する必要はありません。職業選択の自由は憲法によって保障されており、個人がどの職に就くかは自己の意志に基づいて決定されます。

第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する

引用:日本国憲法|e-Gov法令検索

もし転職先についてしつこく聞かれる場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • 「まだ決まっていない」や「色々と検討中です」といった具体的でない返答をする
  • 「この件についてはプライベートな問題なので話せません」とプライバシーの重要性を訴える
  • 「そういえば〇〇ですが〜」のように話題を変える

上記の方法によりプライバシーを守りながらも、職場内での不快な状況を避けられます。

転職先がバレて注意するべき2つの嫌がらせ

転職先がバレて注意するべき2つの嫌がらせ

転職先がバレて注意するべき3つの嫌がらせは、次のとおりです。

  • 無視される
  • 仕事量が増やされる

無視される

転職先が前職にバレた場合、同僚や上司から「無視される」ケースがあります。上司から無視される理由は次のようなものがあります。

  • 転職を認めたくない
  • 転職を阻止したい
  • 転職先を知りたい

転職先がバレて前職の同僚や上司から無視されイヤに思う状況もあるでしょう。しかし、転職先が決まって退職するとわかったら、退職するまで少しなので頑張って乗り越えてみてください。

大体の場合、初めの数日だけで何日かすると打ち解けて、円満退職できる場合のほうが多いようです。

仕事量が増やされる

転職を控えているときに上司からの圧力で仕事量が一時的に増やされるケースがあります。職するのが職場で知られると、あなたが会社を去ることに対して不満を持つ同僚や上司が少なからずでてきます。

いざと言うときのために適切な対話や証拠の記録は残すようにしておきましょう。

前職に転職先を知られたくないに関係するよくある質問

前職に転職先を知られたくないに関係するよくある質問

前職に転職先を知られたくないに関係するよくある質問を3つ紹介します。

  • 転職先を言わないで済む方法はありますか?
  • 転職先は言わないほうがいいのはなぜですか?
  • 転職先に前職の年収はバレますか?

転職先を言わないで済む方法はありますか?

転職先を教えたくないときは、まだ転職活動中であることや具体的な会社名は言わずに仕事の内容だけを話す方法があります。これはまったく問題なく、法律的にも義務がありません。

具体的には転職先がまだ決まっていない場合は「転職活動中です」や「検討中です」と答えるとよいでしょう。

とはいえ、転職先を教えないこと自体に問題はありませんが、何も教えないと人間関係が悪くなる場合もあります。そのため、相手が不快に感じないような配慮は最低限必要です。

転職先を教えたくないときは上手に言葉を選んで、相手に不快感を与えないように注意してみてください。

転職先は言わないほうがいいのはなぜですか?

転職先を現職場に正直に話してしまうと、かえってトラブルになるケースがあります。とくに転職先が競合他社であった場合、退職をなかなか認めてもらえなかったり仲間内で警戒されたりする可能性もあるでしょう。

転職先を言わないほうが無難な理由には、次の理由があります。

  • 退職交渉がスムーズに進まない可能性がある
  • 予期せぬトラブルに発展する可能性がある
  • 仲間内で警戒されたりする可能性がある

上記のような理由から、転職先は言わないほうが無難です。

転職先に前職の年収はバレますか?

転職すると人事担当から前職の源泉徴収票を求められますが、源泉徴収票には前職で支給された給与の金額が記載してあるので年収を盛っているとすぐにバレます。

転職先では、入社時に提出する源泉徴収票に記載されている前職の年収は確認できます。

また、源泉徴収票には給料の金額だけでなく、会社名や住所、電話番号などの情報も記載されているため、転職先には前職の情報を隠すのは難しいでしょう。

まとめ:前職に転職先を知られたくないときは計画的に転職活動する

まとめ

まとめ:前職に転職先を知られたくないときは計画的に転職活動する

前職に転職先を知られたくないときは、計画的に転職活動をしましょう。

とはいえ、準備もなく感情まかせに転職活動しても失敗するので、転職サイトで情報しつつリクルートエージェントのような転職エージェントに相談してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ
-

© 2024 積み上げロード