※一部プロモーションを含みます

転職 転職に役立つノウハウ

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法|3選

2024年5月19日

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法|3選

この記事は約3分で読めます

 

あなた

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法はないのかな......

 

派遣先の仕事がない状態だと、ズルズル続けていいのかな......?と悩みますよね。

 

優介

筆者も過去に設営関係の派遣の仕事をしましたが、早く辞めて色考えていたときもありました。

 

本記事では、派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法|3選について解説します。このまま派遣の仕事をしていいのか悩んでいる人は、最後まで読んでみてください。

この記事のまとめ

  • 派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときは派遣先に相談する
  • 派遣を辞めて失業保険を利用しながら正社員として転職先を探してみる
  • 「契約満了・更新」の1ヶ月前までに伝える

 

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法|3選

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法|3選

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときの対処法については、以下のとおりです。

  • 派遣会社の営業担当者に相談して派遣先を変えてみる
  • 派遣は辞めて一旦アルバイトしてみる
  • 派遣を辞めて失業保険を利用しながら正社員として転職先を探してみる

派遣会社の営業担当者に相談して派遣先を変えてみる

派遣先に仕事がないと感じた場合、まずは派遣会社の営業担当者に相談して派遣先を変えるのを検討しましょう。

派遣社員としての仕事がない状況は、キャリアの停滞や収入の減少に繋がります。また、派遣会社の営業担当者はあなたのスキルや希望に基づいて、新しい派遣先を見つけるサポートをしてくれます。

派遣先の仕事がないと感じたら、まずは営業担当者に相談することが重要です。営業担当者とのコミュニケーションを密にし、自分に合った派遣先を探しましょう。

派遣は辞めて一旦アルバイトしてみる

派遣先で仕事がない状態が続く場合、一旦派遣を辞めてアルバイトしてみるのも一つの選択肢です。

派遣先で仕事がない状態が続くと収入が不安定になり、生活に支障をきたします。また、アルバイトは短期間で見つかりすぐに収入を確保できるため、経済的な不安を解消する助けになるでしょう。

アルバイトは多くの求人があり、とくに飲食業や小売業では常に人手を求めています。こうした業界でのアルバイトは比較的簡単に見つけられます。

たとえば、

  • 派遣+コンビニ
  • 派遣+ガソリンスタンド
  • 派遣+居酒屋

など

上記のようにコンビニやガソリンスタンド、居酒屋などのアルバイトはすぐに見つかり、安定した収入を得られ精神的にも余裕が生まれます。

もし、派遣先での仕事がない状態が続く場合、一旦派遣を辞めてアルバイトを検討してみるのも有効です。

派遣を辞めて失業保険を利用しながら正社員として転職先を探してみる

派遣先で仕事がない状態が続く場合、派遣を辞めて失業保険を利用しながら正社員として転職先を探すのも有効な対処法です。

派遣先で仕事がない状態が続くと収入が不安定になり、生活に支障をきたします。失業保険を利用すれば、転職活動中の経済的な不安を軽減できます。

また、正社員としての就職は、福利厚生やキャリアアップの機会が豊富であるため、将来的な安心感も得られるでしょう。失業保険の中には「職業訓練受講給付金」をもらいながら転職できる環境があります。

職業訓練受講手当 ・月10万円
・訓練を受講している期間中、要件を満たせば1か月ごとに支給。
通所手当 ・訓練施設へ通所する場合の定期乗車券などの額(月上限42,500円)
・本人収入が月12万円以下
・世帯収入が月34万円以下
・他の要件を満たす場合(通所手当のみ支給)
寄宿手当 ・月10,700円
・同居の配偶者、子、父母と別居して寄宿する場合に使える
・住居の変更が必要とハローワークが認める場合に支給
・訓練施設に付属する宿泊施設やアパートなどに入居する場合
求職者支援資金融資 ・訓練期間中の生活費が不足する場合に、単身者は月額5万円
・扶養家族がいる場合は月額10万円を貸付
・給付金の受講予定訓練月数分
・利率2%(うち信用保証料0.5%)
・担保、保証人は不要

参考:求職者支援制度のご案内|厚生労働省

まずはハローワークやリクルートエージェントのような転職エージェントに相談し、失業保険の手続きをおこない積極的に転職活動をはじめてみてください。

派遣先の仕事が暇すぎるときは時間をムダにせず有効活用する

ビジネスチャット

派遣先で暇な時間ができた場合、その時間を使ってオンライン学習を活用しスキルアップするのがおすすめです。

派遣社員にとってスキルアップは将来のキャリアを広げるために欠かせない要素です。オンライン学習は、自分のペースで学べる場所を問わず学べるため、暇な時間を有効に活用するのに最適です。

とくにITスキルやビジネススキルなど、どの業界でも役立つスキルを習得できれば、今後の転職活動においても有利になるでしょう。

派遣先で暇な時間ができたら時間をムダにせず、オンライン学習を通じてスキルアップしてみてください。

派遣先の仕事がない状態で辞めるときに利用できる3つの理由

派遣先の仕事がない状態で辞めるときに利用できる3つの理由

派遣先の仕事がない状態で辞めるときに利用できる3つの理由は、次のとおりです。

  • プライベートの事情を伝える
  • 待遇(給料)に不満がある旨を伝える
  • 労働環境が聞いていた内容と違う旨を伝える

プライベートの事情を伝える

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと感じた場合、プライベートの事情を理由に退職を検討してみるのもひとつの方法です。

プライベートの事情は退職理由として正当性が高く、派遣会社や派遣先も理解しやすいです。とくに家族の介護や健康問題など、個人の生活に直結する理由は正当な退職理由として受け入れられやすいでしょう。

派遣先の仕事がない状態で退職を考えている場合、プライベートの事情を理由にすることを検討しましょう。

まずは派遣会社の担当者に相談し、誠実に事情を説明するのが大切です。円満に退職し、次のステップへ進むための第一歩を踏み出しましょう。

待遇(給料)に不満がある旨を伝える

派遣先の仕事がない状態が続き、待遇や給料に不満がある場合、その旨を派遣会社に伝えると有効な退職理由になります。

仕事がない状態が続くと派遣社員の収入は不安定になり、生活に支障をきたします。とくに派遣社員は時給制が多いため、働いた時間分しか給料が支払われません。

派遣社員が待遇や給料に不満を感じており、退職は珍しくありません。

派遣先で仕事がない状態が続き、待遇や給料に不満がある場合、まずは派遣会社の担当者にその旨を正直に伝えましょう。

労働環境が聞いていた内容と違う旨を伝える

派遣先の労働環境が事前に聞いていた内容と違う場合、その旨を派遣会社に伝えると、正当な退職理由として利用できます。

労働環境が聞いていた内容と異なる場合、業務に対する期待と実際の状況が一致せず、不満やストレスが溜まる原因になるでしょう。

また、労働基準法では労働条件の相違が労働者の退職理由として正当と認められています。

派遣先の労働環境が事前の説明と異なる場合、状況を正直に派遣会社に伝え担当者に具体的な問題点を説明し解決策を一緒に考えましょう。

派遣社員が辞める意思を伝える3つのタイミング

派遣社員が辞める意思を伝える3つのタイミング

派遣社員が辞める意思を伝える3つのタイミングは、以下のとおりです。

  • 「契約満了・更新」の1ヶ月前までに伝える
  • 繫忙期以外の時期に伝える
  • やむを得ない事由の場合はできるだけ早く伝える

「契約満了・更新」の1ヶ月前までに伝える

派遣社員が辞める意思を伝える際は「契約満了・更新」の1ヶ月前までに派遣会社と派遣先に伝えましょう。

「契約満了・更新」の1ヶ月前までに退職の意思を伝えられれば、派遣会社と派遣先に適切な引き継ぎと新しい人材の手配する時間を確保できます。

これにより、トラブルや混乱を最小限に抑えるられます。具体的には担当者に電話やメールで連絡し、直接会って話をするのが理想的です。

早めの意思表示は、円満な退職と今後のキャリアにとってもプラスとなります。次のステップに向けて計画的に行動しましょう。

繫忙期以外の時期に伝える

派遣社員が辞める意思を伝える際は、繫忙期以外の時期に伝えるのが重要です。繫忙期に辞める意思を伝えると、派遣先に大きな負担をかける可能性があります。

繫忙期は業務が集中し、人手不足が深刻になりがちです。とくに製造業やサービス業では、繫忙期の人手不足が生産性やサービス品質に直結するため、辞めるタイミングには配慮が必要です。

繫忙期の退職は企業の業務効率に大きな影響を及ぼし、約70%の企業が人員補充に苦慮していると報告されています。

派遣社員が辞める意思を伝える際は、繫忙期を避け派遣先が落ち着いている時期に伝えるのがおすすめです。

まずは派遣先の業務状況を確認し、適切なタイミングで担当者に相談しましょう。早めの意思表示とスムーズな引き継ぎ計画を立てることで、派遣先との関係を円満に保ちつつ、次のステップに進めます。

やむを得ない事由の場合はできるだけ早く伝える

やむを得ない事由で辞める場合は、できるだけ早く派遣会社と派遣先に伝える必要があります。やむを得ない事由での退職は、急な家庭の事情や健康問題など、予期せぬ出来事が原因である場合も多いようです。

こうした状況では早急に伝えると、派遣会社や派遣先が迅速に対応できるため、業務への影響を最小限に抑えられます。

やむを得ない事由で辞める場合は、できるだけ早く派遣会社と派遣先に連絡するのをおすすめします。具体的には、担当者に電話やメールで状況を伝え、直接会って話し合うことが理想的です。

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときに関するよくある質問

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときに関するよくある質問

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときに関するよくある質問は、以下の3つです。

  • 派遣先が暇なのに更新する場合はありますか?
  • 派遣先が暇すぎるとき仕事しているふりをしても大丈夫ですか?
  • 派遣先が暇すぎて辛いときはどうすればいいですか?

派遣先が暇なのに更新する場合はありますか?

派遣先が暇でも、派遣契約を更新するかどうかは派遣先と派遣元の間で取り決め、更新する場合は新たに期間を定めて派遣契約を締結します。

派遣会社は3ヶ月以上の更新の際、30日以上前に派遣先に更新の有無を伺います。結果を派遣社員に伝え、次の更新の30日前に意思を確認する必要があります。返事をしないと基本的に契約は継続されます。

3回以上契約が更新されている場合や1年を超えて継続勤務している人については、契約を更新しない場合、使用者は30日前までに予告しなければならないとされています(「有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準」<厚生労働省告示>)。

引用:労働契約の終了に関するルール|厚生労働省

派遣先が暇すぎるとき仕事してるふりをしても大丈夫ですか?

派遣先で仕事が暇すぎる場合は、上司に相談して業務の担当範囲を広げてもらったり、周りの人に聞いてできる仕事を探したりしてみましょう。

また、資料の整理やデスクの掃除などの雑務や派遣者向けのマニュアルの作成、許可を得て資格や業務の勉強などもできます。

派遣社員が頻繁に手持ち無沙汰になる状態は、派遣先企業と派遣社員の双方にとって好ましくありません。

お互いの時間やお金が無駄にならないよう、派遣会社の営業担当と派遣先企業の担当者とで状況が改善されるように話し合ってもらいましょう。

派遣先が暇すぎて辛いときはどうすればいいですか?

派遣先が暇すぎて辛いときは「何か手伝えることはないですか?」と聞いてみましょう。直接聞いてみると職場の人とのコミュニケーションが増え、積極的な姿勢を評価してもらえるかもしれません。

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときに関するまとめ

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときに関するまとめ

派遣先の仕事がない状態で辞めたいと思ったときは、ムリに継続しようとせず新しい道を選んでみましょう。

おすすめの方法としては、

  • 派遣会社の営業担当者に相談して派遣先を変えてみる
  • 派遣は辞めて一旦アルバイトしてみる
  • 派遣を辞めて失業保険を利用しながら正社員として転職先を探してみる

上記の方法を実践してみて、現在の状況を変えられるようにしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ
-

© 2024 積み上げロード