※一部プロモーションを含みます

転職 転職に役立つノウハウ

無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき行動|3選

2024年5月22日

無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき行動|3選

この記事は約3分で読めます

 

あなた

今無職(ニート)で応募したい正社員の求人もないしこれからどうしよう......

 

無職(ニート)のときは、どうせ自分を雇ってくれる会社なんてないと悲観的になる人も多いでしょう。

 

優介

筆者も美容師を辞めてから、半年近く無職(ニート)経験があるのであなたの気持ちがすごくわかります......

 

本記事では、無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき3つの行動について紹介します。

今無職(ニート)でこれから転職活動をどうしようかと悩んでいる人は、最後まで読んでみてください。

この記事のまとめ

  • 30代前半で無職(ニート)期間が半年ならまだ正社員として転職しやすい
  • 無職(ニート)期間が半年以上になる場合は貯金150〜200万円程あれば安心
  • まずはアルバイトや派遣社員から正社員を目指してみるのも一つの方法

 

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき行動|3選

無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき行動|3選

無職(ニート)での転職活動で応募したい正社員求人がないときにやるべき3つの行動は、以下のとおりです。

  • 職業訓練校を利用して転職できる状態を目指してみる
  • まずはアルバイトや派遣社員から正社員を目指してみる
  • 積極的に人脈作りをしてみる

詳しく解説します。

職業訓練校を利用して転職できる状態を目指してみる

職業訓練校をうまく利用すると無職(ニート)期間中に新しいスキルを身につけ、転職活動を成功させるための基礎を身につけられます。

職業訓練校は政府や自治体が運営しており、求職者に対して無料または低料金でさまざまな職業訓練のプログラムを提供しています。

これにより未経験の分野でも、必要な知識やスキルを身につけられます。なお「厚生労働省」によると、職業訓練校を利用した求職者の就職率は63.1%に達しています。

求職者支援制度について|厚生労働省

出典:求職者支援制度について|厚生労働省

このように職業訓練校は新しい職業への転職を目指す無職(ニート)の方にとって非常に有効な手段です。

無職(ニート)で応募したい正社員求人が見つからない場合、職業訓練校の利用を検討してみてもいいのではないでしょうか。

まずはアルバイトや派遣社員から正社員を目指してみる

無職(ニート)の状態から正社員になるのは、身体的にも精神的にもしんどい場合もあるかもしれません。

そのため、まずはアルバイトや派遣社員として働き始めて、実務経験を積みながら正社員を目指すのも一つの方法です。

アルバイトや派遣社員として働くと、職場の雰囲気に慣れる必要なスキルも身につけられます。

また、多くの会社ではアルバイトや派遣社員を正社員に登用する制度があります。実際に多くのアルバイトや派遣社員が正社員になっています。

もし、無職(ニート)で応募したい正社員求人が見つからないときは、まずアルバイトや派遣社員として働き始めてみるのも一つの方法です。

アルバイトや派遣の求人情報はリクルートエージェントのような転職エージェントや求人サイトでも簡単に見つけられるので、行動に移してみてください。

積極的に人脈作りをしてみる

積極的に人脈を作れば、条件のいい転職チャンスをつかむ可能性が高まります。人脈を通じて得られる情報や機会は非常に多く、とくに掘り出し求人の貴重な情報を得るケースもあるでしょう。

また、転職成功者の多くが知人や友人からの紹介で、転職先を見つけています。このように人脈を広げられると、自分では見つけられなかった求人や会社との接点を持てる場合もあります。

そのため、異業種交流会やセミナー、SNSなどを活用して多くの人と交流するのが大切です。一歩踏み出し人脈作りを始められると、予想外のチャンスが訪れるかもしれません。

30代前半で無職(ニート)期間が半年ならまだ正社員として転職しやすい

30代前半で無職(ニート)期間が半年ならまだ正社員として転職しやすい

30代前半の人で無職(ニート)期間が半年くらいなら、まだ正社員として転職しやすい状況です。30代前半は20代程ではないですがまだ若く、会社からも将来性のある人材と見なされます。

doda」の調査によると30代前半の求職者の転職成功率は、以下のとおり23%前後と20代の次に高い結果となっています。

転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

出典:転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

そのため、無職(ニート)期間が半年くらいなら、30代前半はまだ十分に正社員として転職するチャンスがあります。

もし、一人で転職するのが不安な人は、ハローワークの職員に相談したり、リクルートエージェントのような転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談したりしてみてください。

無職(ニート)で半年経つとヤバいと言われている3つの理由

無職(ニート)で半年経つとヤバいと言われている3つの理由

無職(ニート)で半年経つとヤバいと言われている3つの理由は、以下のとおりです。

  • お金と精神的にきつい
  • 周囲からの視線でストレスが溜まりやすい
  • 無職(ニート)期間が長くなるほど転職しにくい

お金と精神的にきつい

無職(ニート)期間が半年を超えるとお金の問題や精神的なストレスが増し、転職活動がより難しくなります。

無職(ニート)期間が長引くと、収入が途絶えるため貯金が減少し、生活費やローンの支払いが厳しくなるでしょう。

また、長期間の無職(ニート)は精神的なプレッシャーを引き起こし、自信喪失やモチベーションの低下につながるケースも多いようです。

もし、一時的に働けない状態であれば、生活支援金を受けられたり、生活保護費がもらえたりする可能性もあるので、困る状況ができたら近くの「市役所」「社会福祉協議会」に相談してみてください。

周囲からの視線でストレスが溜まりやすい

無職(ニート)期間が半年以上になると、周囲からの視線やプレッシャーでストレスが溜まりやすくなります。

長い間無職(ニート)でいると家族や友人、知人から「何をしているの?」と心配されたり、批判されたりする状況もあるでしょう。

長期失業者の多くが精神的なストレスを感じていると報告しています。

そのため、無職(ニート)期間が半年以上になる前に積極的に転職活動してみてください。早めの対策で精神的な負担を軽減し前向きに転職活動を進められます。

無職(ニート)期間が長くなるほど転職しにくい

無職(ニート)期間が長くなると、正社員への転職がどんどん難しくなります。

会社の採用担当者は、離職期間が短い人や在職中の人を優先して採用する傾向があります。理由はシンプルで長期間の無職(ニート)だった人は信用しにくいからです。

たとえば、やる気がないと思われたり、本当に正社員としてやっていけるのかと思われたりとマイナスに感じる採用担当者も多くいるでしょう。

そのため無職(ニート)の期間が長くなるほど転職が難しくなるので、できるだけ早く行動してみてください。小さな一歩が人生の分かれ目になるかもしれませんよ。

無職(ニート)期間が半年以上になる場合は貯金150〜200万円程あれば安心

無職(ニート)期間が半年以上になる場合は貯金150〜200万円程あれば安心

無職(ニート)期間が半年以上続く場合、貯金が150〜200万円ほどあれば安心して生活できます。無職(ニート)期間が長引くと、生活費を賄うための貯金が必要になります。

独身で実家暮らしなら親が支援してくれるかもしれませんが、家庭があり子供がいる人だと生活ができなくなる恐れがあります。

そのため、家賃や食費、光熱費、保険料などを考えると、6ヶ月分の生活費として150〜200万円程の貯金が必要です。

もし、無職(ニート)の状態で、貯金も尽きてしまうようであれば、最寄りの社会福祉協議会や市役所に相談してみてください。

貯金がないときに頼れるセーフティーネット

上記のようなセーフティーネットがあるとはいえ、貯金がないのは精神的にきつい部分もあるかと思います。今からでも遅くないので、月々の支出を計算して出費はなるべく減らす計画を立ててみてください。

出典:雇用保険手続きのご案内|ハローワークインターネットサービス
出典:生活困窮者自立支援制度|厚生労働省
出典:生活保護支援制度|厚生労働省

無職(ニート)で正社員の応募したい求人がないときに関係する質問

無職(ニート)で正社員の応募したい求人がないときに関係する質問

無職(ニート)で正社員の応募したい求人がないときに関係する質問を3つ、それぞれ紹介します。

  • 無職(ニート)期間が半年過ぎた女性の転職できる確率はどの程度ですか?
  • 無職(ニート)期間が1年以上経過すると正社員での転職は難しいですか?
  • ニートは何ヶ月までですか?

無職(ニート)期間が半年過ぎた女性の転職できる確率はどの程度ですか?

無職(ニート)期間が半年以上あると「女性・男性」関係なく採用担当者に納得してもらえない可能性があります。

ブランクが1〜2か月程であれば通常の転職活動と変わらないので、問題視する会社もそれほど多くないでしょう。

しかし、1年以上のブランクがある場合は、休んでいる間に何をしていたのか、面接時にきちんと説明しなければ採用担当者は不安に思います。

また、1年未満での退職は短いと考える会社も多く、最低でも1年以上の勤務期間が目安といわれている場合も多いようです。

とはいえ、根気よく諦めずに転職活動さえすれば100%どこかの会社には転職できるので、諦めずに取り組んでみてください。目安としては1〜3ヵ月程度を考えておくとよいでしょう。

無職(ニート)期間が1年以上経過すると正社員での転職は難しいですか?

無職(ニート)期間が1年以上経過すると、正社員で転職をするのが難しくなる可能性があります。

なぜかと言うと会社は同じ能力があれば、ブランクがない人を採用したいと考えるためです。

また、無職(ニート)期間が長引くと仕事をする機会が減るので、スキルやコミュニケーション能力などが落ちる場合もあります。

ただし、無職(ニート)期間の理由をきちんと説明できれば、必ずしも転職が難しいというわけではありません。

たとえば、資格は取得していないものの「〇〇の勉強をして資格を取得するのと同じくらいの知識を得た」という状態ならば有効なアピール材料になる可能性は十分あります。

自分に最適な転職活動を心がけましょう。

ニートは何ヶ月までですか?

ニートとは一般的に15歳から34歳までの「未就労・未就学」の若者を指す言葉ですが、年齢が34歳を超えても「未就労・未就学」の状態が続けば、使われる場合もあります。

完全失業者は、(1)就業しておらず、(2)1週間以内に求職活動を行っていて、(3)すぐに就業できる者です。

未活用労働における失業者は、(2)の求職期間を1か月に拡大して捉えるものです。

引用:F-14 完全失業者と未活用労働における失業者は何が違うのですか?|厚生労働省

また、無職(ニート)期間が長いと「なかなか仕事の感覚が取り戻せないのでは」「行き当たりばったりで行動する傾向があるのでは」と採用担当者に懸念を抱かれる場合もあります。

しかし、無職(ニート)からの社会復帰はできないということは決してないので前向きに取り組んでみてください。

まとめ:無職(ニート)で正社員に応募したい求人を見つけるなら転職エージェントがおすすめ

まとめ:無職(ニート)で正社員に応募したい求人を見つけるなら転職エージェントがおすすめ

無職(ニート)で正社員に応募したい求人を見つけるなら、プロのキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントがおすすめです。

無職期間が長くなるほど、正社員としての転職は難しくなります。また、無職期間が半年以上になると、経済的な不安や精神的なストレスが増えます。

このようなときに転職に関する相談をするだけでも、気持ち的にはすごくラクになるでしょう。

大手だとリクルートエージェントがありますが、自分にあう転職エージェントに一度相談してみて転職活動を成功させてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ
-

© 2024 積み上げロード