※一部プロモーションを含みます

転職 転職に役立つノウハウ

40代職歴なしはアルバイトでも採用されないは半分正解|ニートでも手遅れではない3つの理由

40代職歴なしはアルバイトでも採用されないは半分正解|ニートでも手遅れではない3つの理由

この記事は約3分で読めます

 

あなた

40代職歴なしの無職(ニート)はアルバイトでも採用されないのかな......

 

40代無職・職歴なしで最悪、死ぬしかないと思ってしまうこともありますよね......。

 

優介

筆者も無職(ニート)を経験したことがあるので、あなたの気持ちがわかります。

 

本記事では、40代職歴なしはアルバイトでも採用されないのは半分正解で半分違う理由と、40代の無職で引きこもりニートでも手遅れではない3つの理由について解説します。

「40代職歴なしはもう働けないのかな......」と悩んでいる人は、本記事を参考にして転職に対して前向きに取り組んでみましょう。

この記事のまとめ

  • 40代職歴なしはアルバイトでも採用されないは半分正解
  • 40代「無職・職歴」なし:死ぬしかないと思ったら一時的に生活保護を申請しよう
  • 40代の無職で引きこもりニートでも手遅れではない

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

40代職歴なしはアルバイトでも採用されないは半分正解

40代職歴なしはアルバイトでも採用されないは半分正解

40代で職歴なしでも、アルバイト採用は決して不可能ではありません。むしろ、今までの経験を活かせる仕事や、将来正社員登用につながるチャンスも存在します。

たしかに厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況」を見ると、常用労働者数に対する転職者の割合を示す「転職入職率」は、40代男性は約5%と20代男性の約13%、30代男性は約8.5%と低い数字になっています。

しかし、すべての企業や業界が職歴や年齢を評価しているわけではなく、とくに人手不足の業界では、経験よりもやる気や人間性を重視するケースも多いようです。

そのため、40代無職(ニート)で職歴がない人は、人手不足の業界や未経験者歓迎の職種を探すと、アルバイトから正社員になるチャンスは十分あります。

ハローワークやリクルートエージェントのような転職エージェントを活用して、自分にあった仕事を見つけましょう。

出典:令和3年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

40代「無職・職歴」なし:死ぬしかないと思ったら一時的に生活保護を申請しよう

40代「無職・職歴」なし:死ぬしかないと思ったら一時的に生活保護を申請しよう

もし、40代で職歴がなく現在無職である場合でも、死ぬしかないと感じたら一時的に生活保護を申請してみてください。

 

優介

生活保護は、生活に困窮している人々に最低限の生活を保障する制度です。

 

さまざまな理由により生活に困窮している人々に対して、生活保護法により憲法が定める健康で文化的な最低限度の生活を保障し、積極的にそれらの人々の自立した生活ができるよう援助する制度です。

引用:生活保護制度とはどのような制度ですか|東京都福祉局

また、生活保護に至るまでに以下の救済措置があるので、生活保護を申請する前に検討してみるとよいでしょう。

 

※第1のセーフティネット

・社会保険制度
・労働保険制度

※第2のセーフティネット

・生活困窮者自立支援制度

※第3のセーフティネット

・生活保護制度

 

たしかに40代で職歴がなく無職(ニート)である場合、絶望的な気持ちになるときもあるでしょう。しかし、諦めずに生きているときっと希望はあります。

そのため、本当に苦しいときは生活困窮者自立支援制度や、生活保護の申請を恥じることなく申請してみてください。

出典:生活保護制度とはどのような制度ですか|東京都福祉局
出典:生活困窮者自立支援制度と生活保護制度の連携のあり方について|厚生労働省

40代の無職で引きこもりニートでも手遅れではない3つの理由

40代の無職で引きこもりニートでも手遅れではない3つの理由

40代の無職の引きこもりニートでも手遅れではない3つの理由は、以下のとおりです。

  • リモートワークやフリーランスなどの柔軟な働き方も増えている
  • 40代が若手の業界もある
  • 社会復帰ができる環境は案外整っている

リモートワークやフリーランスなどの柔軟な働き方も増えている

リモートワークやフリーランスなどの柔軟な働き方が増えているため、40代で無職や引きこもりのニートの人でも仕事は十分あります。

総務省」によると、在宅型テレワーカーは2013年から2022年の間に約5倍に増加しています。

出典:第2部 情報通信分野の現状と課題|総務省

また「統計局」では、フリーランスの人口も209万人と増加しています。このように柔軟な働き方が広がっており、場所や時間を選ばずに働ける環境が整ってきています。

 

優介

実際、筆者も無職(ニート)の経験もありますが、現在はフリーランスのWebライター兼ディレクターとして生活ができています。

 

もし、人と関わるのが苦手な人や外で働くのがしんどい人は、リモートワークやフリーランスに挑戦してもよいのではないでしょうか。

出典:第2部 情報通信分野の現状と課題|総務省
出典:基幹統計として初めて把握したフリーランスの働き方|統計局

40代が若手の業界もある

一般に40代というと若手ではないと思われがちですが、実は40代が若手と見なされる業界はあります。具体的にいうと、以下の業界があります。

  • タクシー業界:56.8歳
  • 飲食業界:54.4歳
  • 建設業界:45.2歳

上記以外にも40代が若手に分類される業界はあります。そのため、無職(ニート)の40代でも手遅れではなく、新たな分野で活躍できる可能性は十分あるでしょう。

出典:タクシー事業の現状|一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会
出典:13-1 正社員の平均年齢|高山市

社会復帰ができる環境は案外整っている

40代で無職の引きこもりニートでも、社会復帰ができる環境は案外整っています。

日本政府や自治体は、再就職支援や職業訓練を充実させており、とくに中高年向けの支援も強化されています。主にしている支援制度は、以下のとおりです。

出典:求職者支援制度のご案内|厚生労働省

訓練受講の要件 ・ハローワークに求職の申込みをしていること
・雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
・労働の意思と能力があること
・職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと
主な対象者 ・給付金を受けて訓練を受講する方
・離職者の方
・雇用保険の適用がなかった離職者の方
・フリーランス・自営業を廃業した方
・雇用保険の受給が終了した方など
・一定額以下の収入のパートタイムで働きながら、正社員への転職を目指す方など
・給付金を受けずに訓練を受講する方(無料の訓練のみ受講する方)
・離職者の方(親や配偶者と同居していて一定の世帯収入がある方など)
・在職者の方(働いていて一定の収入のある方など)
給付金の支給要件 ・本人収入が月8万円以下
・世帯全体の収入が月30万円以下
・世帯全体の金融資産が300万円以下
・現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
・訓練実施日全てに出席する
・世帯の中で同時にこの給付金を受給して訓練を受けている者がいない
・過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けていない
・過去6年以内に、職業訓練受講給付金の支給を受けていない
給付金の支給額 ・職業訓練受講手当:月10万円
・ 訓練を受講している期間について、要件を満たせば1か月ごとに支給
・通所手当:定期乗車券などの額(月上限42,500円)
・本人収入が月12万円以下かつ世帯収入が月34万円以下で他の要件を満たす場合は、通所手当のみ支給
・寄宿手当:月10,700円
求職者支援資金融資 ・訓練期間中の生活費が不足する場合に資金を融資する制度
・貸付額:単身者月額5万円、扶養家族を有する者月額10万円
・利率:2%(うち信用保証料0.5%)
・担保・保証人は不要

参考:求職者支援制度のご案内|厚生労働省

上記のように政府や自治体も、学びながら再就職を目指す環境が整っています。

また、民間の転職エージェントサービスも無料で、専門のキャリアカウンセラーが個別に相談に応じ、就職活動をサポートしてくれます。

このような支援制度を利用すると、40代の無職引きこもりニートであっても社会復帰は十分可能です。

まずは、自分がどのような仕事に興味があるのか、どんなスキルを持っているのかを整理してみてください。

40代無職で職歴なしの人にできるおすすめの求人(仕事)|3選

お金貯める力

40代無職(ニート)で職歴なしの人にできるおすすめの求人(仕事)は次の3つです。

  • Web業界の仕事
  • タクシー業界の仕事
  • 物流業界の仕事

Web業界の仕事

40代無職(ニート)で職歴がなくても、Web業界での仕事に転職するチャンスはあります。おすすめの仕事は次のとおりです。

Web業界のおすすめな仕事

  • Webライター
  • プログラミング
  • Webマーケティング
  • Webデザイン
  • 動画編集

 

上記スキル次第では、高収入が期待できる分野です。現在、さまざまなWeb系スクールもあります。筆者自身の場合はwithマーケを利用して、フリーランスとして生活できるようになりました。

withマーケに関する記事は以下で紹介しているので、合わせて読んでみてください。

withマーケTOP
【業界最安値!】withマーケの評判は?失敗せず稼ぐならwithマーケ一択

続きを見る

このようにWeb業界は年齢関係なく正社員を目指せたり、フルリモートでフリーランスに慣れたりするのでおすすめな業界です。

タクシー業界の仕事

40代無職(ニート)の人におすすめなのが、タクシー業界です。タクシー業界は人手不足が深刻化しており、経験や年齢に関係なく人材を求めています。

タクシー業界は比較的未経験からでも入りやすい業界であり、二種免許を取得すればすぐに働きはじめられます。

また、未経験者歓迎のうえで二種免許の取得支援をしてくれるタクシー会社もあるので、転職できれば実質、20〜30万円かかる免許費用が無料(タダ)です。

このようにタクシー業界であれば、40代で無職(ニート)職歴なしでも、タクシー業界への挑戦は非常に現実的です。

物流業界の仕事

40代無職で職歴がなくても、物流業界の仕事は転職できる可能性が高いです。物流業界は人手不足が続いており、経験や職歴に関係なく多くの求人があります。

とくにネット通販の普及により物流の需要は増加しているため、全国で多数の物流センターや配送会社が新たな人材を必要としています。

そのため、無職(ニート)職歴なしの40代でも物流業界への挑戦は非常に現実的で効果的と言えるでしょう。

40代無職(ニート)職歴なしの人に関係するよくある質問

40代無職(ニート)職歴なしの人に関係するよくある質問

40代無職(ニート)職歴なしの人に関係するよくある質問は、次のとおりです。

  • 40代職歴なしはもう働けないでしょうか?
  • 職歴がなくても正社員になれるのは何歳までですか?
  • 40代のニート率はどれくらいですか?

40代職歴なしはもう働けないでしょうか?

40代で職歴がない無職(ニート)の場合でも、働ける会社はいくつもあります。ただし自分ひとりで間違った転職活動をすると100社受けてやっと合格できるかどうかのレベルです。

そのため、転職のプロが在籍している転職エージェントを利用するのがおすすめです。リクルートエージェントのような大手や無職(ニート)専門の転職エージェントを利用してみてください。

職歴がなくても正社員になれるのは何歳までですか?

一般的に正社員になれるのは、34歳までと言われていた時代もありました。 前述でも紹介しましたが、現代は40代でも若手扱いされている業界が多くあります。

そのため、40代でも50代でも正しく転職活動をすれば正社員としての転職は問題なくできるでしょう。

40代のニート率はどれくらいですか?

厚生労働省の定義では、15〜34歳の人をニートと定義されています。35歳以上は「中年ニート」または「中年無業者」と呼ばれているようです

また、内閣府の2022年度「こども・若者の意識と生活に関する調査」によると、40〜64歳の引きこもり状態にある人の割合は2.02%で全国の数字にあてはめて約146万人と推計されます。

出典:若年者等に対して段階に応じた職業キャリア支援を講ずること|厚生労働省
出典:「ひきこもり」全国推計146万人 50人に1人 内閣府調査を受けたKHJの見解|特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会

まとめ:40代無職(ニート)でもなんとかなる

まとめ

40代で職歴がなく無職(ニート)でも以下のポイントを押さえれば、自分が充実して働ける会社を見つけられます。

  • 自分の強みを見つける
  • 短期的な目標を設定する
  • 適切な求人情報を見つける
  • 継続的に学ぶ姿勢を持つ

上記のように新しいスキルや知識を学び続けると、市場価値を高められます。転職エージェントや就職支援制度をうまく利用してみてください。

これらのポイントを意識して取り組むことで、40代無職(ニート)でも働ける可能性は広がるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ
-

© 2024 積み上げロード