※一部プロモーションを含みます

転職 転職に役立つノウハウ

ずっと同じ職場にいて転職しない人には無能な人と優秀な人両方がいる

ずっと同じ職場にいて転職しない人には無能な人と優秀な人両方がいる

この記事は約3分で読めます

あなた

ずっと同じ職場にいて転職しない人は、応募先の採用担当者にも無能と思われるのかな......

 

いざ、転職活動に踏み切ろうとしても、自分がどのように評価されるのか気になりますよね。

 

優介

筆者も転職活動するときは自分が無能と思われていないかどうかすごく気にしていました。

 

本記事では、ずっと同じ職場にいて転職しない人が無能と言われる3つの理由について詳しく解説します。これから、転職活動をしようと考えている人は参考にしてみてください。

この記事のまとめ

  • ずっと同じ職場にいて転職しない人には無能な人と優秀な人両方がいる
  • 1社しか経験がない:転職したことない人は視野が狭いと思われる
  • 新卒からずっと同じ会社にいる社員は「プロパー社員」と言う

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

ずっと同じ職場にいて転職しない人が無能と言われる3つの理由

ずっと同じ職場にいて転職しない人が無能と言われる3つの理由

ずっと同じ職場にいて転職しない人には、無能な人や優秀な人などいろいろいます。ここからは、ずっと同じ職場にいて転職しない人が無能と言われる3つの理由を紹介します。

  • 社会経験が少ないと判断される
  • 会社にしがみついている印象になる
  • 優秀な人はスカウトで転職する傾向があるから

社会経験が少ないと判断される

ずっと同じ職場にいて転職しない人は、社会経験が少ないと判断されやすいです。同じ職場に留まり続けると他の業界や職種の経験が乏しくなるため、社会経験が少ないと見なされやすくなります。

​​そのため、転職も視野に入れ、リクルートエージェントのようなサービスやハローワークなどを活用して市場価値を高めるのも有効です。

たしかに同じ職場で長期間留まるメリットはありますが、社会経験が少ないと判断されるリスクが生じるリスクはあるでしょう。

会社にしがみついている印象になる

ずっと同じ職場に留まり続ける人は、会社にしがみついている印象を持たれがちです。

転職しないことで「現状に甘んじている」「新しい挑戦を避けている」というイメージがつくのも事実でしょう。

同じ職場に長期間留まるのは一見安定しているように見えますが、採用担当者からは「会社にしがみついている」印象を持たれる場合もあります。

優秀な人はスカウトで転職する傾向があるから

優秀な人材はスカウトによって転職する傾向があるため、ずっと同じ職場に留まる人は無能と見なされるケースがあります。

スカウトとは、企業が特定のスキルや経験を持つ人材を直接誘うことを指します。

このため、今までまったく転職経験がない人は「スカウトされる程の実力はないのかな......」と印象を与え無能と判断される状況もあるでしょう。

そのため、自己成長を続け自分の市場価値を高めるために、スキルアップや勉強会などを積極的に活用してみてください。

1社しか経験がない:転職したことない人は視野が狭いと思われる

1社しか経験がない:転職したことない人は視野が狭いと思われる

1社しか経験がない人は転職した経験がないため、視野が狭いと思われやすいです。実際「厚生労働省」の資料にも「経験が少ない」のが不採用になる原因として1位となっています。

1社だけでの経験は特定の環境に限定されるため、広範な視野や柔軟な考え方を身に付ける機会が少なくなります。

そのため、1社しか経験がない人は、定期的にキャリアプランを見直し新しいチャレンジを求めましょう。転職にリスクはありますが、転職活動にリスクはありませんよ。

出典:不採用から学ぶ|厚生労働省

新卒からずっと同じ会社にいる社員は「プロパー社員」と言う

新卒からずっと同じ会社にいる社員は「プロパー社員」と言う

新卒からずっと同じ会社にいる社員は「プロパー社員」と呼ばれ、存在にはメリットとデメリットがあります。

プロパー社員は一つの企業で長期間働き、企業の文化や業務内容を深く理解でき組織にとって大きな資産となるメリットがあるでしょう。

一方、他の企業や業界の経験が乏しいため、視野が狭くなりがちなことがデメリットとなります。

このようにプロパー社員は一つの企業で長期間働き、得られる深い知識と経験が強みですが、視野が狭くなる点には注意が必要になるでしょう。

転職経験なしの人が世間知らずと言われる2つの理由

転職経験なしの人が世間知らずと言われる2つの理由

転職経験なしの人が世間知らずと言われる2つの理由は、以下のとおりです。

  • 1社の「やり方・考え方」しか知らない
  • 1社だと体験する業界が一つのため世界が狭くなる

1社の「やり方・考え方」しか知らない

転職経験がない人は1社の「やり方・考え方」しか知らないため、世間知らずと見なされるおそれがあります。たしかに1社だけで働くと、就職先の企業文化に慣れてしまい他の行動をする気力がなくなります。

そのため、他の企業や業界で通用するスキルや、考え方を身につける機会が少なくなりかねません。視野を広げるために1社しか経験がない人は、定期的に業界の動向をチェックし、転職活動してみてください。

1社だと体験する業界が一つのため世界が狭くなる

転職経験1社しかない人は、世界が狭く見えてしまう場合があります。

実際に転職経験者の方が幅広いスキルセットを持ち、異なる業界での適応力が高いと評価されるケースも多いようです。

1社で長期間働くのが悪いわけではないですが、自分自身の世界観を広げるためにも転職活動はおすすめです。

無能な人ほど会社にしがみつくのも事実

無能な人ほど会社にしがみつくのも事実

無能な人ほど会社にしがみつく傾向があるのは事実です。転職を考えない無能な人は、現状に満足し新しい環境に挑戦するのを避ける傾向があります。

ただし、企業内で部署を転々としさまざまな領域を経験できる環境があれば、同じ会社にずっといても視野が狭くなるわけではありません。

むしろ異なる分野の知識を身に付け、多角的な視点を養える場合もあるでしょう。そのため企業には社員に積極的に異動の機会を与え、幅広い経験を重ねさせる配慮が求められます。

転職を繰り返す無能な人の末路は現職にしがみつく傾向がある

転職を繰り返す無能な人の末路は現職にしがみつく傾向がある

転職を繰り返す人は、無能な場合と優秀な場合の両方があります。しかし、無能な人は転職活動がうまくいかず、最終的に現職にしがみつく傾向があります。

転職を繰り返す無能な人が、現職にしがみつく理由は主に3つあげられます。

  • スキルや経験が中途半端:転職市場で評価されない
  • コミュニケーション能力や協調性が不足:周囲とうまくいかない
  • 自己分析が不足:本当に求める仕事を見つけていない

ただし、無能な人材が転職を重ね最終的に現職にしがみつくのは、必ずしも不正解とは限りません。

単に能力不足で転職を繰り返した人の中には徐々にスキルを身につけ、のちに優秀な社員となる例も少なくないでしょう。

転職しない人が無能なのかについてのよくある質問

転職しない人が無能なのかについてのよくある質問

転職しない人が無能なのかについて、よくある質問を3つそれぞれ紹介します。

  • 転職しない方がいい人はどういう人ですか?
  • 転職して後悔する人は何割くらいですか?
  • 転職しない人の割合は?

転職しない方がいい人はどういう人ですか?

転職しない方がいい人の特徴としては、次のようなものがあります。

  • 転職する理由や希望条件、優先度が明確ではない
  • 計画なしで未経験の職種や業種にチャレンジしようとする
  • 自分の市場価値や選択肢を把握できていない
  • 現職で経験やスキルを積めていない
  • 転職後年収が希望に満たない
  • 年収や待遇だけを重要視している
  • 新卒と同じ感覚で企業選びをしている
  • 辞めたいという勢いだけで転職しようとする
  • 大量に応募したり1社に絞った転職活動をしたりする
  • 今の課題を解決するアクションをやり切っていない
  • 新卒1年目で転職しようとする

また、転職で何を改善し解決したいのかが明確になっていない場合転職せずとも自分の頑張りで「改善・解決」できる可能性もあります。

冷静な判断ができる状態ではない、感情任せの場合も転職は控えるべきでしょう。

転職して後悔する人は何割くらいですか?

厚生労働省」の調査によると転職して不満足だった人の割合は、全体の11.4%なので約10人に1人が後悔している計算になります。

一方、識学の「転職後の満足度調査」では転職後に「後悔・失敗した」と回答した人は59.7%と半数以上の人が何かしらの後悔や失敗を感じた結果のようです。

そのため、転職先の見極めは重要と言えるでしょう。

出典:転職して後悔する人は何割くらいですか?|厚生労働省

転職しない人の割合は?

厚生労働省」によると、初職から離職せず就業を続けている人の割合は、30歳〜50歳台半ばまで約2割弱です。

初職から1回目の転職先で就業している人を含めると3割強となり、女性では職業生涯を途中離職せず終える者の割合は男性に比べて低くなっています。

出典:職業生涯を通じたキャリア形成|厚生労働省

転職しない人が無能かどうかについてのまとめ

転職しない人が無能かどうかについてのまとめ

転職しない人が無能かどうかについては、実際あってみないと判断できません。これは、あなたが応募する企業の採用担当者も同じです。

そのため、自分自身が無能な人がどうか転職活動しながら受け入れるようにしましょう。

適切に理解して転職活動すると、年収が上がったり、ストレスなく職場で働けたりといい環境があるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ

© 2024 積み上げロード