※一部アフィリエイト広告を利用しています

転職 転職に役立つノウハウ

転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選|1社しか受けないのは危険

転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選|1社しか受けないのは危険

あなた

  • 転職があっさり内定で決まりやすい人の特徴が知りたいな......
  • 転職先を1社しか受けないのは危険なのかな......
  • 転職ばかりしていると無能と思われてしまうのかな......

 

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

優介

確かに転職活動中にあっさり内定が決まると嬉しい反面、不安になるときもありますよね。

 

本記事では、転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選と1社しか応募しないのは危険なのかについて紹介します。

転職活動に不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

  • やりたい仕事がはっきりしている人は転職先が決まりやすい
  • 無能でない優秀な人は多くのスカウトが来る
  • 転職決まりやすい人は転職エージェントの活用がうまい

【本記事の執筆者】

自己紹介優介@yuusuke11127)

目次
  1. 転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選
    1. 1.やりたい仕事が決まっている
    2. 2.自分を客観視できる
    3. 3.決断力がある
    4. 4.他責思考ではなく自責思考ができる
    5. 5.転職後のキャリアをしっかり決めている
    6. 6.通称「ニコハキ」ができている
    7. 7.現実的な希望年収を伝えられる
    8. 8.在職中から転職活動している
    9. 9.内定後の意思決定が早い
  2. 転職する人が全員無能とは言えない3つの理由
    1. 優秀な人ほどキャリアアップのために転職を繰り返す
    2. 無能でない人ほど転職によって自己スキル向上に意欲的になる
    3. 無能でない優秀な人は多くのスカウトが来る
  3. 転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの良い理由
    1. 今までの職歴と経験を高く評価している
    2. 社内の採用フローが整っている
    3. 募集ポジションのニーズと合致している
  4. 転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの悪い理由
    1. 人手不足でとにかく早く人材が欲しい
    2. 経営に問題があり状況を早く変えたい
    3. 期待以上の成果を求められる
  5. 転職活動中に1社しか受けないのが危険な3つの理由
    1. 確実に内定をもらえるとは限らない
    2. 優良求人を見落とす
    3. 1社の良いところしかわからない
  6. 転職活動中1社目で内定が獲得できたときに注意すべき3つのポイント
    1. ブラック企業でないか評判を再度チェックする
    2. 本当に自分がやりたい仕事か確認する
    3. 収入面が大丈夫か再度チェックする
  7. 転職が決まりやすい人に関するよくある質問
    1. 転職は何社目で内定が取れますか?
    2. 転職を後悔している人は何割くらいですか?
    3. 転職がうまくいく人の特徴は?
  8. まとめ:転職が決まりやすい人の特徴は自分に合う求人を探すのがうまい

転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選

学校

転職があっさり内定して決まりやすい人の特徴9選は、以下のとおりです。

  1. やりたい仕事が決まっている
  2. 自分を客観視できる
  3. 決断力がある
  4. 他責思考ではなく自責思考ができる
  5. 転職後のキャリアをしっかり決めている
  6. 通称「ニコハキ」ができている
  7. 現実的な希望年収を伝えられる
  8. 在職中から転職活動している
  9. 内定後の意思決定が早い

詳しく解説していきますね。

1.やりたい仕事が決まっている

やりたい仕事がはっきりしている人は、転職で内定を得やすいです。応募先の採用担当者もどうせなら、やる気があり長期間勤務してくれる人を採用したいと考えています。

面接中に「なぜこの職種を希望しましたか?」と採用担当者から聞かれる場面もあるはずです。

もし、明確な回答ができない場合、採用担当者から「この応募者は本当に弊社で頑張るつもりがあるのかな......?」と不安に思われかねません。

そのため面接では「これまでの〇〇の経験を活かし、〇〇で貴社の売上に貢献したい」と応募先の企業が得られる未来を明確に伝えてみてください。結果的に複数の内定を獲得できるようになりますよ。

2.自分を客観視できる

転職活動で自己PRや志望動機を明確に伝えて採用担当者に好印象を与えられると、転職があっさり決まりやすくなります。

自分を客観視できると、以下の良い点があります。

 

  • 自分の強みや弱みを把握できる
  • 自分の能力や経験を正しく認識して適切な企業や職種を選べる
  • 面接で自信を持って自己PRや志望動機を伝えられる

 

このように自分を客観的に分析できると、自信と誠実さが採用担当者に伝わり、信頼を得られるため転職が決まりやすい人になるでしょう。

3.決断力がある

転職活動をスムーズに進めて早期に内定を獲得するには、状況にあわせた迅速かつ的確な判断を下す必要があります。転職活動では、複数の企業から内定を獲得する場合も珍しくありません。

しかし、そのまま長期間決断を保留すると、企業側から入社時期について再調整を求められたり、最悪の場合は内定を取り消されたりするリスクもあります。

採用担当者からすれば早く人材を確保したいので、入社時期のずれ込みで良い印象が与えられないのは仕方ありません。

もし、一人で転職先を決めるのが難しいと迷ったら、転職エージェントやキャリアコーチングなどに相談するのも一つの方法です。

せっかく合格した内定を無効にされないよう、決断力を発揮して転職活動を進めてみてください。

4.他責思考ではなく自責思考ができる

他責思考ではなく自責思考で転職できる人は、転職があっさり決まりやすい傾向があります。実際の面接では、過去の失敗談を質問される場面も多いでしょう。

しかし、失敗談を他人のせいにして言い訳をすれば、採用担当者から「反省ができない人なのかな......」と判断されかねません。

一方で、自分の課題と向きあい、過去の経験から学んだ点を冷静に説明できれば「成長意欲があって採用したいな」と好印象を与えられます。

採用担当者も自責思考のできる人材を望んでいるため、採用基準の一つとなっている意識を持って転職活動に臨んでみてください。

5.転職後のキャリアをしっかり決めている

転職活動において明確なキャリアプランを持ち、将来の目標に向かって計画的に行動できる人は、あっさり内定を獲得できるでしょう。

また、転職後のキャリアをしっかり決めていると企業側とのミスマッチも防げます。キャリアプランの伝え方としては、以下を意識してみてください。

 

  • 明確な熱意と意欲を伝える
  • 企業にとっての価値を伝える
  • キャリアプランを説明する

 

上記3点が意識できると入社後に採用担当者から「こんなはずじゃなかった......」というミスマッチを防ぎ、転職に失敗する確率を大幅に削減できます。

6.通称「ニコハキ」ができている

転職先があっさり決まる人は「ニコハキ」が自然にできています。ニコハキは「ニコニコ・ハキハキ」の略です。

「ニコハキ」ができると採用担当者に対して、以下のような好印象と信頼感を与えられます。

 

  • 活発な印象を与えて親近感を感じさせられる
  • 自信と誠実さを伝えて信頼感を得られる
  • 明るい声で話すと熱意と意欲を伝えられる

 

ニコハキは少し意識するだけで、誰でも簡単に改善ができます。ちょっとしたことですが、不採用になりにくくなる方法のため、ぜひ意識してみてください。

7.現実的な希望年収を伝えられる

転職があっさり決まりやすい人は、現実的な希望年収を採用担当者に対して伝えられています。なぜ、現実的な希望年収を伝えられるのがいいのかは以下のとおりです。

 

  • 希望年収が市場価値とかけ離れている場合、採用担当者は採用しにくい
  • 現実的な希望年収を伝えると採用担当者も安心して選考ができる

 

このように現実的な希望年収が伝えられると採用担当者も、経営者サイドに採用の打診をしやすくなります。そのため、応募書類や面接では現実的な範囲で希望年収を伝えるようにしましょう。

8.在職中から転職活動している

転職を安心してあっさり決めたいのであれば、退職後ではなく在職中から転職活動するのがおすすめです。理由は以下のとおりです。

 

  • 在職中に活動を始めれば時間的な余裕を持って情報収集や面接対策ができる
  • 在職中であれば複数の企業を比較検討できる
  • 在職中であれば収入を確保しながら安心して転職活動が進められる

 

このように在職中に転職活動ができる人は「いつの間に転職したの.......?」と思われるくらいあっさりと転職が決まるでしょう。

9.内定後の意思決定が早い

転職してあっさり内定をもらう人は、すぐに入社の意思決定をします。なぜ、内定後に意思決定が早い方がよいかは以下のとおりです。

 

  • 転職希望者の意思決定が早い方が社内の採用計画をスムーズに進められる
  • 他の候補者がまだ迷っている間に意思決定できると採用が優先されやすい
  • 一度決断できれば気持ちがブレにくく後悔する可能性が低くなる

 

転職を考えている人は、内定後にすぐに意思決定をするのが大切です。内定後の意思決定が早ければより好条件で転職できるのではないでしょうか。

転職する人が全員無能とは言えない3つの理由

学校

転職する人が全員無能とは言えない理由は、以下の3点があります。

  • 優秀な人ほどキャリアアップのために転職を繰り返す
  • 無能でない人ほど転職によって自己スキル向上に意欲的になる
  • 無能でない優秀な人は多くのスカウトが来る

それぞれ解説します。

優秀な人ほどキャリアアップのために転職を繰り返す

転職を複数回する人は、ジョブホッパーと言われる人で、あまりいい印象はなかったはずです。

「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。

また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ねること自体は、働く人の当然の権利としておおむね受容されているものの、

終身雇用と年功序列制度の下で成長を遂げた日本の労働観では、職を転々とする行為にネガティブなイメージがつきまといやすく、キャリアへの悪影響や社会的に不利な評価を受けることも少なくありません。

引用:ジョブホッピング|日本の人事部

しかし、最近ではジョブ型雇用も増えつつあり、転職する人全員が無能とはいえない時代になりました。

セールスワン記載のライボの調査によると、年収1,000万円以上の87.9%が転職経験があると回答しています。また、転職経験ありと答えた人のうち40%以上の人は3回以上の転職を実施しています。

このように転職する人の全員が無能なわけではなく、優秀な人もキャリアアップを目指して転職しているのがわかります。

ただし、転職回数がマイナス要素として働く可能性も十分あります。転職回数の考え方に関しては、応募先企業の方針によっても異なるので、その点には注意してみてください。

出典:ジョブホッピング|日本の人事部
出典:年収が多いほど転職回数が多い傾向 1,000万円以上で平均3.69回/Job総研調査|セールスワン

無能でない人ほど転職によって自己スキル向上に意欲的になる

無能でない人ほど転職によって自己スキル向上に意欲的です。厚生労働省の資料では、年収1,500万円以上の高所得層ほど「知識や技能を生かしたい」「前職のままではスキルが頭打ちになるため」など、積極的なキャリアアップに関する転職理由をあげています。

このように無能ではない優秀な人ほど、転職を新たな飛躍のチャンスととらえ、自己スキルに意欲的です。企業側としても優秀な人材の受け入れ体制を整えられるので、お互いにWIN-WINの関係を構築できるでしょう。

転職は現場の生活環境を変えるため、精神的な負担はありますが人生を変える大きなキッカケにもなります。

生自体を充実させたい人は、自分のスキルを磨いて転職活動に積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

出典:第3章 職業生涯を通じたキャリア形成|厚生労働省

無能でない優秀な人は多くのスカウトが来る

無能でない優秀な人は高いスキルや経験、実績を持っているため多くの企業からスカウトされます。企業からのスカウトは、リクルートエージェントのような転職エージェント経由で実施される場合が多いようです。

将来的にスカウトを受けてみたいという人は、一度転職エージェントに無料登録してプロフィールを整えてみてください。

スカウトが自然くる状態があれば、こちらから積極的に転職する必要がなくなるため転職活動の労力が低くなります。

また、スカウト経由だと通常応募より好条件を提示してくれる企業も多くあるでしょう。スカウトがくる状態を作るには、以下の方法を試してみてください。

 

  • 自分のスキルや経験、実績をうまくまとめる
  • 具体的な成果や実績をアピールできるようにする
  • 転職エージェントやキャリアコーチングなどの専門家にアドバイスをもらう

 

企業は優秀な人材を確保するため、転職エージェント経由で積極的にスカウト活動をおこなっています。

 

上記の内容を実施できれば、企業から自動でスカウトがくる状態が作れるため、転職活動がラクになるでしょう。

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの良い理由

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの良い理由

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの良い理由は、以下のとおりです。

 

  • 今までの職歴と経験を高く評価されている
  • 社内の採用フローが整っている
  • 募集ポジションのニーズと合致している

今までの職歴と経験を高く評価している

転職であっさり内定が決まるのは、今までの職歴と経験を企業から評価されている証拠です。転職活動では履歴書や職務経歴書、面接などを通して、自分のスキルや経験をアピールします。

その中で採用担当者が自分のスキルや経験を評価し、採用したいと思えば思ったよりあっさり内定が決まるでしょう。

転職活動で内定が決まるまでにかかる期間は、平均で約3ヶ月と言われていますが、タイミングがあえば数日であっさり内定が決まる人もいます。

もしあなたが転職であっさり内定が決まったら、内定が決まった理由も採用担当者に聞いてみてください。

社内の採用フローが整っている

社内の採用フローが整っている企業は、採用活動に効率的な仕組みを取り入れているため、スムーズに内定が決まりやすいです。また、採用フローが整っているのは、ホワイト企業の可能性も高くなるでしょう。

とはいえ、必ずしも採用フローが整っているかはわかりません。入社を決定する前に企業の文化やチーム環境についての評判や口コミは細かく調べましょう。

募集ポジションのニーズと合致している

企業側の募集ポジションのニーズや経験が合致している場合、あっさり内定を獲得しやすいです。募集ポジションのニーズと合致していると企業側は、研修や教育に時間とコストをかける必要がありません。

そのため、企業側としても募集ポジションのニーズと合致している人材は早く採用したいと考える場合も多くあります。

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの悪い理由

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの悪い理由

転職であっさり内定が決まり不安なときに考えられる3つの悪い理由は、以下のとおりです。

  • 人手不足でとにかく早く人材が欲しい
  • 経営に問題があり状況を早く変えたい
  • 期待以上の成果を求められる

詳しく解説します。

人手不足でとにかく早く人材が欲しい

人手不足でとにかく早く人材が欲しい企業は、あっさり内定が決まる傾向があります。しかしこのような企業に転職した場合、長時間残業させられたり想像を超える仕事量を与えられたりと、大変な目にあう可能性もあるでしょう。

とくに急募の求人募集には、以下のような注意が必要です。

 

  • 一人当たりの仕事量が多い場合がある
  • 研修期間など教育時間がない場合がある

 

もし内定を急がされても契約条件がおかしい場合、一度保留にして様子を見極めてみてください。転職エージェントを利用すると、このような情報も共有してくれるので、転職の判断材料としては使えるでしょう。

経営に問題があり状況を早く変えたい

経営に問題があり状況を早く変えたい企業は、転職があっさり内定が決まりやすい傾向があります。経営に問題があるとされる企業には、以下の特徴があります。

 

  • 業績悪化による人員不足になっている
  • 事業撤退・縮小による人員整理している
  • 経営陣の交代による方針が極端に転換している

 

このような企業に転職してしまうと、転職後も倒産やリストラが起こり安心した生活が過ごせません。

そのため、面接では企業の経営状況や将来展望についても積極的に質問し、経営状況も見極めるようにしてみてください。

期待以上の成果を求められる

内定があっさり決まった場合、採用担当者が転職者に対して、通常より高い成果を期待しています。高い成果を求めている場合、企業側は経営難の可能性が高く転職後も大きな成果を求められやすいです。

そのため、以下のような懸念材料がでてくるでしょう。

 

  • 厳しいノルマや目標設定がされる
  • 人材不足により多くの仕事を任される
  • キャパシティを超えた仕事量と責任でストレスが溜まる

 

上記のように心身ともに疲弊しないように転職前には、サポート体制やリソースの可用性についても事前に確認しておきましょう。

あなたがそのプレッシャーに耐えられる自信がないなら、ゆっくりと転職活動を進めるのをおすすめします。

転職活動中に1社しか受けないのが危険な3つの理由

Webマーケ学習

転職活動中に1社しか受けないのが危険な3つの理由は、以下のとおりです。

  • 確実に内定をもらえるとは限らない
  • 優良求人を見落とす
  • 1社の良いところしかわからない

確実に内定をもらえるとは限らない

1社を集中して受けたからと言って、確実に内定をもらえるとは限りません。そのため、転職活動における場合、複数の企業を受けて選考の幅を広げるのが大切です。

企業の採用基準はさまざまで、採用担当者の評価によっても内定が左右されるため、単に経験や能力があれば必ず内定できるわけではないでしょう。

もし、1社しか受けていない場合に内定がもらえなかったら、また初めから転職活動を進めなくてはいけません。

このように転職活動中に1社しか受けないのは危険なので、複数の企業への応募をおすすめします。

優良求人を見落とす

1社しか受けない場合、多くの優良求人を見落としてしまうおそれがあります。一つひとつ企業の求人情報をしっかりと見ないと、市場全体の求人情報のほんの一部しか見られません。

もし、あなたが手軽に優良企業を見つけたのならば、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを利用すれば、あなたにあった優良な求人をエージェント側が勝手に紹介してくれます。

そのため、自分の希望条件に合った求人を効率的に見つけたい人は、転職エージェントを利用してみてください。

1社の良いところしかわからない

転職活動で1社しか応募しないと、他の優良求人を見落とすリスクがあります。1社しか受けない場合、1社の良いところしかわからないため比較検討できず、後悔する可能性があります。

1社のみに応募すると企業の条件しか比較検討する機会がなく、他にもっと自分に合った条件や職場環境、成長機会を逃してしまいます。1社のみにしか求人応募していないときのリスクは、以下のとおりです。

 

  • 不採用になった場合に再度転職活動しないといけない
  • 他の優良企業を見落とす

 

このように1社しか応募していないと、自分にあう仕事がなかなか見つけられないでしょう。転職は自分の人生に大きな影響を与えます。魅力的な一面だけでなく、労働環境や企業文化、将来性なども含めて検討してみてください。

転職活動中1社目で内定が獲得できたときに注意すべき3つのポイント

【願い】マジで人生変えたいなら行動あるのみ|人生変える3ステップ

転職活動中1社目で内定が獲得できたときに注意すべき3つのポイントは、以下のとおりです。

 

  • ブラック企業でないか評判を再チェックする
  • 本当に自分がやりたい仕事か確認する
  • 収入面が大丈夫か再度チェックする

 

それぞれ解説します。

ブラック企業でないか評判を再度チェックする

1社目で内定を獲得できたとしてもすぐに飛びつくのではなく、ブラック企業ではないか評判を再度チェックしてみてください。

ブラック企業に転職してしまうと労働環境が悪く、労働者を不当に低賃金で働かせたり、長時間労働を強要したりします。

このような企業に入社してしまうと、身体や精神に大きなダメージを受けてしまうでしょう。そのため、転職活動中に1社しか内定獲得できていないときには、ブラック企業でないか評判の再チェックが必要です。

チェック方法としては、

 

  1. 複数の口コミサイトを活用する
  2. 企業の公式サイトやニュース記事を確認する
  3. 転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談する

 

上記のように1つのサイトだけでなく、複数の口コミサイトを比較すると、より客観的な情報を得られます。これらの方法を活用して、ブラック企業でないか評判を再チェックし、安全な企業に入社するようにしましょう。

本当に自分がやりたい仕事か確認する

1社目で内定を獲得できてもすぐに飛びつくのではなく、本当に自分がやりたい仕事なのか改めて確認するのが重要です。

面接では企業の一面しか見られず、実際の仕事内容がわかりにくい場合があります。また、募集要項は美化され、期待と実情にギャップがあるでしょう。

CAREER BIBLEの調査によると、転職後に「悪い意味で想像と違った」と感じる人が50.3%以上と多数います。内容としては、以下のとおりです。

 

  • 人間関係:24.2%
  • 職場環境:16.3%
  • 休日や勤務時間:15.8%

 

このように転職先企業とのギャップを無くすためにも、本当に自分がやりたい仕事かどうかをしっかりと確認しましょう。

出典:【約半数が経験】転職先に入社してみて分かった「悪い意味で想像と違った」実際のエピソードを紹介|CAREER BIBLE

収入面が大丈夫か再度チェックする

1社目で内定を獲得できてもすぐに飛びつくのではなく、本当に希望に沿った収入なのかチェックが重要です。せっかく転職に成功しても、収入が低いと生活が苦しくなり転職活動に集中できません。

とはいえ、事前にしっかりと確認すればリスクを回避できます。

 

  • 生活費や将来設計などを考慮し最低限必要な年収を決める
  • 基本給や賞与、昇給制度など希望に沿っているか確認する
  • 転職エージェントに相談して自分の希望に沿った企業を見つける

 

上記の方法を取れば、転職の失敗確率を減らせます。とくに1社目から内定を獲得した際には、収入面が自分の期待値や市場価値と合致しているかチェックしてみてください。

転職が決まりやすい人に関するよくある質問

【一発逆転も可能?】高卒で勝ち組になれる職業|3選

転職が決まりやすい人に関するよくある質問を3つ紹介しますね。

 

  • 転職は何社目で内定が取れますか?
  • 転職を後悔している人は何割くらいですか?
  • 転職がうまくいく人の特徴は?

転職は何社目で内定が取れますか?

転職で内定をとるには選考通過の確率から考えても、6社〜10社は応募しておくと良いのかもしれません。リクナビネクストによると59%の人は、1〜4社で内定が取れているようです。

出典:転職するときの適切な応募数とは?転職成功者の平均応募数・内定率|リクナビNEXT

転職を後悔している人は何割くらいですか?

転職を後悔している人は、約6割が後悔しているとされます。こうした後悔を避けるためにも、転職先の情報収集や条件交渉などの努力が欠かせないでしょう。

また、転職の軸を明確にして自己分析を徹底的にするのも重要です。自分に合った職場を見つけて後悔しない転職を実現してみてください。

出典:転職して後悔する人はどれほどいるのでしょうか?|Yahoo!ニュース

転職がうまくいく人の特徴は?

転職に成功する人の特徴には、次のようなものがあります。

 

  • 転職理由が明確で軸がぶれていない
  • 将来のキャリアビジョンがしっかりある
  • 希望条件の優先順位が整理できている
  • 自分の欠点や課題を理解している
  • 転職活動に関する情報収集を怠らない
  • 応募書類で適切なアピールができている
  • 面接対策を徹底している
  • 余裕のある引継ぎスケジュールを組んでいる

 

上記のような特徴を持っている人は、転職活動がうまくいっているケースが多いようです。

まとめ:転職が決まりやすい人の特徴は自分に合う求人を探すのがうまい

まとめ:転職が決まりやすい人の特徴は自分に合う求人を探すのがうまい

転職が決まりやすい人の特徴は、自分にあう求人を探すのがうまいです。とはいえ、本記事で紹介しているように一人で自分にあう転職先を見つけるのは大変でしょう。そのため、リクルートエージェントのような転職エージェントを利用して、効率よく転職活動してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

高坂勇介(優介)

「SEO・マーケティング・セールスライティング」を学ぶのが好きです|(経歴)美容師→V系バンドマン→複数バイト→プラント検査官→造船メーカー→フリーランス|転職専門Webライターとして活動中「サイト設計〜リライト」すべて対応可能| Webライティング歴4年|無料相談OKなのでお気軽にお問い合わせください

-転職, 転職に役立つノウハウ
-

© 2024 積み上げロード